So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

第4章~30~宇宙(コスモス)の中で涙ぐんだのは・・・

So-net blog:さよならベリーズ!うつろいゆく季節の中で
友達のつもりだったけど・・・。あらためてそう思った・・・。

「引越しが決まったのは、いつ頃だったの?」

草の根をわけてペンダントを探しながら、僕は舞波ちゃんに聞いた。

舞波ちゃんは少し間を空けてから、こたえた。

「・・・一週間くらい前に・・・。」

「・・・急だったんだね。」

僕はそう言いながら、一週間くらい前の舞波ちゃんのことを思い出していた。

・・・一週間くらい前・・・。

一週間前は文化祭があった・・・。

・・・!

僕の脳裏には、涙ぐむ舞波ちゃんの姿がおもいだされた。

 

星の光が輝く宇宙(コスモス)の中で、舞波ちゃんは僕を見て涙ぐんでいた。

・・・どうして?

どうして舞波ちゃんは、あのとき涙ぐんでいたんだ?

・・・オリオン。

・・・蠍(サソリ)。

二つの言葉が僕の頭をよぎって、その二つの言葉が1つになっていくのを感じた。

舞波ちゃんが話してくれた星座の物語。

絶対にめぐり合うことのない、二つの星座。

オリオン座とさそり座は永遠に離れたまま・・・。

・・・舞波ちゃんの誕生日は・・・

蠍座だった・・・。

あのとき・・・

僕は・・・

自分がオリオンだったらいいのに。

と、言った。

まさか・・・。舞波ちゃんは・・・。

苺のペンダントを探していた、僕の手は止まっていた・・・。

そのとき

「あ!あったーっ!!!」

舞波ちゃんの、明るく嬉しそうな声が!!!

密集したコスモスの花の中から、舞波ちゃんは苺のペンダントを拾い上げ、嬉しそうに僕に笑ってみせた。

そして、ペンダントについた土をかるく手ではらうと、自分の首にかけた。

舞波ちゃんは苺のペンダントを手にとり、それを見つめながら僕に言った。

「これ・・・。大事なお守りなんだ・・・。いつでも私を守ってくれる・・・。きっと、今も・・・。」

舞波ちゃんは僕をみつめた。

僕の目をまっすぐみつめる、舞波ちゃんのその眼差しは

なにか大事なことを、僕に伝えようとしている。

・・・僕はそう感じていた。

舞波ちゃんの口が開いた。

「・・・あの・・・ね。雅人先輩・・・。」

舞波ちゃんの言葉は、そこで途切れた。

でも・・・舞波ちゃんは目を逸らさずに、その眼差しを僕に向けていた。

静かな風が吹いた。

舞波ちゃんを取り囲むコスモスの花が揺れて、その花びらが舞波ちゃんの頬にふれた。

夕日に照らされた舞波ちゃんの頬は、コスモスの花のように、ほんのりと赤く染まっていた。

再び舞波ちゃんの口が開いた。

「あの・・・ね。」

                                        ・・・つづく

雅人:この物語の主人公。性格は内気で、妄想癖がある。
    中学に入ってマンガばかり描いていたので近眼になりメガネをかけている。
    学校が終わるとすぐ帰ってしまう、いわゆる帰宅部。
    特にこれといった特徴もない普通?の男子中学生。
    小学校から同じクラスだったモモコに片想いをしている・・・。

  

モモコ:http://blog.so-net.ne.jp/masato-k/archive/20060502-0-1
                雅人のクラスメート。13歳。負けず嫌いで頑張り屋。
                明るくて無邪気な振る舞いが、時として主人公の雅人を翻弄する。

 

佐紀:http://blog.so-net.ne.jp/masato-k/archive/20060730-1-1
              雅人とモモコのクラスメート。背は小さいがしっかり者。
              ベリーズのリーダー的存在。

千奈美:http://blog.so-net.ne.jp/masato-k/archive/20060801-0-1
              中学1年生。自分の事を「ちな」と言う。
              素朴な容姿、天然ボケと舌足らずな喋り方で実年齢より
              幼く見られがち・・・。
              本人は子供っぽく見られることを気にしているのだが・・・。
              同じ学年でも、大人っぽく見られる「雅」に憧れている。
 

舞波:http://blog.so-net.ne.jp/masato-k/archive/20060813-0--1
              千奈美と同じクラスの中学1年生。
              少し恥ずかしがりやでおとなしい性格。
              好きな男子がいるようだが・・・。
              図書委員。
 友理奈:
http://blog.so-net.ne.jp/masato-k/2006-08-13-1
                                              明るくて爽やかな女の子。
               ベリーズの中で一番背が高いが(170センチ)
               小学6年生。
 梨沙子:
http://blog.so-net.ne.jp/masato-k/2006-08-24
                                             誰もが振り返るほどの美少女。
               おっとりしていてマイペース。
               主人公をからかって遊ぶ。
 雅:
http://blog.so-net.ne.jp/masato-k/2006-08-27-2
                                          中学1年生。その風貌から、大人っぽく見られやすい。
 茉麻(まあさ):
http://blog.so-net.ne.jp/masato-k/2006-09-09-2
                                                            困っている人を見ると、放っておけない。
                         男子よりも力が強い!?

 まこと:小学生の頃からの雅人の親友。お調子もので雅人とは正反対の性格。
     小学生の頃から始めたドラムの才能がある。


このブログは私が書いたイラストと写真入り小説(想像物です)をメインにしてます。
クリックするとそれぞれの最初のページに行きます。

リンク集 http://blog.so-net.ne.jp/masato-k/2006-07-23

マンガ「ももちとさきっち」
http://blog.so-net.ne.jp/masato-k/archive/20060625-0--1

 
イラスト入り小説「さよならベリーズ~うつろいゆく季節の中で~」
                              第一章 モモコとの出会い
                       

  
イラスト入り小説「さよならベリーズ~うつろいゆく季節の中で~」
                              第二章 夏祭りの思い出
 


イラスト入り小説「さよならベリーズ~うつろいゆく季節の中で~」
第三章 さよならモモコ・・・


イラスト入り小説「さよならベリーズ~うつろいゆく季節の中で~」
第4章 さよなら舞波
                  


nice!(1)  コメント(118)  トラックバック(3) 
共通テーマ:コミック
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。